ジュエリーショップディアレスト ほのぼの宝石カフェ


宝石の楽しさを楽しく分かりやすくお伝えしていくブログです
by j-dearest
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

宝飾店のかたち

日本ではジュエリー販売が大型店舗やブランドの店舗、テレビ通販が主流になっています。


これは高度経済成長やバブル期の日本で一斉にジュエリーが広まった結果であって、ヨーロッパのジュエリー店の姿とは少し違っています。

実際、高級ジュエリーの本場、フランスでは高級ジュエリーブランドはサロンやメゾンと呼ばれる本当にごく小さな店舗で、商品もほとんど店頭に並べられていません。
(バリのヴァンドーム広場に高級ジュエリー店が軒を連ねているのを見ていただければお分かりになると思いますが、大型店舗とは程遠い本当に小さな店が並んでいます)

向こうでは、ジュエリーは商品を大量に並べてお客様に選んでもらうものではなく、お店のオーナーとお客様がコミュニケーションを取りながら一つ一つ大切にジュエリーを作り上げていく、ものだという考え方が主流であるからです。

実際、日本においても一部で百貨店の外商販売というお客様のご自宅にお伺いして本当にお客様に合ったジュエリーだけをお見せして販売する方法も根付いています。

日本にはヨーロッパほど宝飾に精通したジュエラーがあまり存在していないせいかもしれませんが、もっとヨーロッパ式のジュエリー店のオーナーとお客様が深いコミュニケーションの中で世界に一点だけのその人の為に作られた価値あるジュエリーを販売するお店があっても良いと思います。

そして、ジュエリー店のイメージも憧れになって欲しいと思います。018.gif

b0327556_22211097.png
b0327556_22212096.png


[PR]
# by j-dearest | 2015-09-07 22:25

宝石の価値

宝石は値段も高いし、それを身につけることによって即物的な機能があるわけではありません。
では一体宝石の価値とは何なんでしょうか?027.gif

宝石の持つ価値とは、それを買った人がそれを身につけることにより、より美しくなり、他人から受けるより高い評価を楽しみ、自分自身を満足させることではないでしょうか。

とすれば、ジュエリーはやはり使うものなのです。身につけるものなのです。タンスにしまっておく物ではありません。

宝石は即物的な機能があるわけではありませんが、素材としての価値が減ることもありません。

つまり、その気になれば永続的に時代に合わせて楽しむことができます。

ぜひともタンスに眠らせているリングやペンダントを出してあげてください。そして、今の時代にあったデザインに直して、使ってください。

それこそが、宝石の価値だと思います。043.gif

b0327556_15594369.jpg


[PR]
# by j-dearest | 2015-08-11 16:06

誕生石

暑い日が続きますね!042.gif いかがお過ごしでしょうか?

8月の誕生石といえば、ペリドットですがそもそも誕生石ってどのように誕生したのでしょうか?

誕生石の由来は必ずしも明らかではありませんが、一つには旧約聖書の『出エジプト記』に出てくるイスラエルの祭司長の胸当てにはめ込まれた12種類の宝石、そして『ヨハネの黙示録』中に理想郷として描かれた聖都の12の城門の土台を飾る宝石に由来するもので、これらはイスラエルの12の部族あるいは12の使徒の象徴とされています。

誕生石の種類は地域性や時代により他の宝石種に変わったものやさらに種類が加えられたものもあります。

現在、日本で広く知られている種類は1912年にアメリカの宝石業界により定められた種類です。043.gif

b0327556_16092417.jpg

[PR]
# by j-dearest | 2015-08-10 16:10

購買慣習によるジュエリーの位置づけ

一般的に消費者が購入する商品には購入頻度により3つの分類に分けることができます。
それは
1.最寄品(convenience goods)
2.買回品(shopping goods)
3.専門品(specialty goods)

の3つです。

最寄品は最も購買頻度が高く、身近な場所で買い物をする商品の事を言います。食料品や日常品がこれにあたります。

買回品は衣料品やバック、靴などのように買い物自体を楽しむショッピングで購入する物にあたります。

そして専門品はピアノや高級カメラ、自動車のように生活を豊かにするための趣味や自分を満足させるための物にあたります。
ジュエリーもそのうちの一つです。

それぞれの分類によって消費者は購入する場所や買い方、お店やブランドまで変わってきます。

ジュエリーのカテゴリーである専門品にスポットを当てると、
専門品を購入するときには最寄品、買回品よりもより計画的にかつ相当な努力(インターネットを調べたり、詳しい友達に聞いたり)を払い、時間をかけて商品を購入する傾向にあります。

やはり、ほかに比べて高い商品でありますし、知らないで購入することはリスクもありますし、騙されてしまうかもという不安やそのような話もネットやテレビで多く見られるからでしょう。

ジュエリー、宝石を購入するときに良いイメージをお持ちのお客様だけではないと思います。

当店もお客様が安心してジュエリーをご購入できるお店になれれば嬉しいです012.gif





[PR]
# by j-dearest | 2015-04-24 17:20

新パンフレット

新しいパンフレットが出来上がりました。003.gif
当店のオリジナル商品です。

ご興味をお持ちの方はご郵送いたしますので、どうぞこちらまでお問い合わせください。
info@j-dearest.com

b0327556_14434460.jpg
b0327556_14433111.jpg
b0327556_14430844.jpg
b0327556_14435479.jpg


[PR]
# by j-dearest | 2015-03-11 14:53